デジタルを究極に突き詰めるとそれはSDG’sにつながる。

いよいよプラチナダイレクト鋳造へ。

(↑B9core キャスタブルワックス)

 

既製品であるものを切ってその方に合うサイズを修正するのではなくその人に合ったサイズで

データ作製することから始まります。

たとえご夫婦同じデザインでも別々に3Dプリント(3Dプリントするのはペア同時に出力)です。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

これまでの通常工程なら ゴム型を取りワックスを作成。

そのワックスを石膏埋没へ進みますが

エファーナでは、SDG’sをいち早く意識し無駄を省くため

一度きりのゴム型工程を省くことに取り組んでいます。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

プラチナダイレクト鋳造は、

当社調べにおいて 我々宝飾業界では、いまだ難しく商用ベースで成功しているところはありません。

 

デジタルを究極に突き詰めると無駄を省くことにつながり それはSDG’sに行き渡ります。

新しい考えで見直し、それを解決する技術革新をこれからもつづけていきます。

 

これからは、あらゆる企業においてこの意識は求められてくるでしょう。

by デジタルジュエリー®

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA