ローズクォーツをベビーパールが包み込んでやさしさを醸し出してくれています。

とても細かい作業が続いていましたが磨き、仕上げ、石留め(パール)、バフ磨き…

特に、ベビーパールを固定している周囲の爪は、抑え痕が残っているのでシリコンポイントでさらに磨きをかけて

バフやヘラを当て鏡面仕上げにします。

その時、パールに当たって傷がつかないよう顕微鏡をのぞいての作業…

これがとても時間のかかるものですが、仕上げ工程には欠かせません。

 

次は、メインのローズクォーツの石留め。

あらかじめ ”座(ざ)”

※ローズクォーツがきちんと固定されるよう座(すわ)りをよくする。

を合わせてあるので、4本の爪のかかりを均等になるよう倒していきます。

 

これも慎重作業。一方を倒し過ぎると傾いたりゆがんだり…

下手すると欠けたり割れたりの恐れが出てきます。

 

緊張の工程が続いていましたが…

 

ようやく完成です。

 

セーム革で指紋等をフキフキ

こちらの方向から…

 

☟ベースを替えてみましたっ。。

(ちょっと映えない感じっかなっ)

 

ダイヤモンドの取り巻きとはちとばかし雰囲気が違って完成ー。

ローズクォーツをベビーパールが包み込んでやさしさを醸し出してくれています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA