備忘録…SDG’s…

コラムを書くにあたりまとめたもの。

文脈がばらついていますが 流れはわかると思います…



経済、環境、社会問題の解決。。

これまでにも地球の問題解決

●環境汚染

●貧困

●差別…

は論議されていた。

2006年;国連コフィ・アナン事務総長が民間のお金で企業を変えていくことで問題解決を図ろうと。

その時の言葉→ESG

※ESG(enviromental;環境・social;社会・governance;企業統治) → 企業の成長に大切なもの。

これに則っていない企業の商品は選ばれなくなり、

これに配慮している企業の商品を選んで買うようになってくる。

 

この考え方↓

PRI;責任投資原則

●世界の投資家が意識するようになる。

●日本の年金積立金管理運用独立行政法人もESGの観点で投資し始める。



SDG’s;

持続可能な開発目標。ESGに配慮した行動をとることの目標として採択された。

先進も途上国も世界全体で2030年までに解決すべき経済、環境、社会問題を17にまとめた。

1:あらゆる場所のあらゆる影響の貧困を終わらせる。

2:飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する。

3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

4:すべての人々への、包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。

5:ジェンダー平等を達成し、全ての女性及び女児の能力強化を行う。

6:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

7:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーのアクセスを確保する。

8:包摂的かつ持続可能な経済成長及び、すべての人々の完全かつ生産的な雇用と働き甲斐のある人間らしい雇用(ディーセントワーク)を促進する。

9:強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの促進を図る。

10:各国内および国間の不平等を是正する。

11:包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

12:持続可能な生産消費形態を確保する。

13:気候変動及びその影響を慧眼するための緊急対策を講じる。

14:持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

15:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止、回復及び生物多様性の損失を阻止。

16:持続可能な開発のための平等で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。

17:持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。



2000年;Millennium Development Goals  ミレニアム開発目標

貧困や飢餓の撲滅、初等教育の普及など途上国を中心に2015年までに達成すべき8つの目標。

 

↓まだまだ↓ 達成できていない 原因は??

 

気候変動や格差拡大などあらゆる問題が関わりあっている。

 

2015年;第70回国連総会にて「2030アジェンダ」を採択し、「SDG′s」が明記

 

2019年;SDG′sサミットで ティジャニ・ムハンマド・バンデ第74回国連総会議長が

「私たちは行動を起こし、ともに努力しすべての人に利益をもたらさねばなりません。」と発言。

2020年;SDG′sはここにきて急速に動き出した!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA