やっぱり動画ですよね。。カタログじゃわからないところが知りたいです。

ジュエリーの3D立体データは3Dプリントだけに使われるだけじゃなく、レンダリングしこのように出来上がりのイメージを作り上げることも可能です。

これまでの結婚指輪のデータを処理し動画を作っています。

●T-001↓

●T-002↓

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA