お客様へ視覚的に違いも説明できることも最大の利点です。

ダイヤモンドの留め金具;シャトン。

6本爪のデザインを

極力下部まで下げ。ダイヤをさらします。

細く整えますが、強度も重要なので

メリハリをつけたものに修正。

この作業を、WAX(原型)を直接いじっていくと失敗の確立が大きく、さらには元に戻せないので難しいところがあります。

しかし、デジタル上でデザインしていると いくら失敗してもやり直せるし、修正版をどんどん増やすこともできます。。

そして、

お客様へ視覚的に違いも説明できることも最大の利点で

手元の3Dプリンタで30分ほどで形状確認も可能に。

ジュエリーデータは双方の意思疎通がしやすくスムーズに進めることが出来ます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA