いろんなデータに挑戦していると いざお客様とのコミュニケーション時にも ストレスなくデザインを進めることが出来ます。

ジュエリーデザインに使うことが出来るパーツ製作。

「LEAF」葉っぱです。

少ない制御点で形作っていきます。

なぜかというと、葉っぱって1枚で使う事はそうなく複数枚でデザインしますよね。

複雑なデータが複数枚になると全体のでーたが重くなり後々エラーが起きやすくなります。

なのでできるだけシンプルで形作ることを心がけています。

いろんなデータに挑戦していると いざお客様とのコミュニケーション時にも

ストレスなくデザインを進めることが出来ます。