そこにデジタル環境でのジュエリー製作が加わると…

デザイン帳に描いたパーツを職人さんが見ながら製作に入る。

直接地金だったりWAXなりを擦ったり、叩いたり形を整えながら進んでいきます…これまでの工程ですね。

小っちゃなパーツを作るにも大変な工程なんです。

見た通りの思ったものが出来て当たり前ですが、中には微妙なひねり具合やサイズ感が違ってくるものもあるでしょう。

2D(紙に書かれた)→3D(ジュエリー)に移る工程のノイズです。

そこにデジタル環境でのジュエリー製作が加わると、デザインされたジュエリーは360度グルグルと確認でき、見た通りの形状を3Dプリンタで製作。

それを原型とするからノイズが生まれにくく 不安の無い、安心したジュエリーリフォームが実現できるのです。

もちろん、熟練職人さんの出番は大いにあります。それは石留や、磨きの工程で

何十年も修行をしてきた職人さんの技は素晴らしジュエリーを作り上げるには必要不可欠。

 

最高のモノを作り上げる為にデジタルジュエリー®の技術の掛け合わせで進化していきます。