「デジタルモノづくり」さらに進化する楽しさもお伝えしていきたいなっ。

平面のデザイン画を描いて、それを作る職人さんへ渡し製作に入る。。

デジタルジュエリー®のジュエラーとしては既にストレスがかかり過ぎ。

モノづくりに携わるなら3DCADのスキルを持ってお客様へご提案するべきです。

モデリングさえ出来ればあとは原型として使用し鋳造工程をへてジュエリーになっていきます。

「デジタルモノづくり」ますます進化し楽しさもお客様へお伝えしていきたいです。