あれやこれやと試してみて、失敗も貴重なクラフトノウハウ。

データを整えて今日も3Dプリントです。

出力すれば、後処理も欠かせません。

3D-CADを専門学校で習った人はこれまでにたくさんいるでしょう。

しかし、習ったのみでそれを自分で形にすることはできない人はたっくさんいますね。

学校で習ったことと、実践は全くもって違いますから。

製品にするノウハウを学ばなくてはちゃんとしたジュエリーにはなりません。

ノウハウのデータ蓄積のために私も日々研究です。

あれやこれやと試してみて、そして失敗してみてこそ得られるクラフトノウハウ。

時間を掛けて得られたことをスクールでは惜しみなく伝授していきます。

 

これからは、実践を伴う本物のスキルがモノを言う時代です。

●デジタルジュエリー®スクール●←こちら

●企業様←こちら