枠から飛び出す。。。 そういった視点が役に立つ時代かなっ。

ジュエリーをデザインするときは見慣れた表示モードで作成していきます。

使いやすいのであまり冒険しないのが実情ですが…

 

今回は、別のモードでも操作していきます。

●普段のモード↑

ワイヤーフレームモード↓

透視図でのモード↓

また、同じ結果が得られることでも違ったやり方はいくらでもあります。

固定したモードから飛び出し、チャレンジすることで経験値も増えるという事です。

 

一つの事に固執せず、枠から飛び出す。。。

これからは、そういった視点が役に立つ時代かなっ。