それは、立体物であるジュエリーを平面で説明するのはまさにお客様と同じレベル。

石の色のイメージからご自身で描いたデザイン。

アパタイトとメノウを配したチャーム。

お客様ご自身がお店の人に

言葉で伝えるのってホント難しいですよね。

なのでこのように絵を描いてお伝えいただくと私も良く理解出来

相互不安を払しょくできます。

 

しかし、ジュエリーショップのしかもリメイクする担当者までもが

同じレベルで絵を描き説明するのはこれからの時代ありえません。

それは、立体物であるジュエリーを平面で説明するのはまさにお客様と同じレベル。

ショツプであれば当然のごとく立体で説明する時代なのです。

それでこそプロと言えるものです。

このデザインをもとに私が3Dにてデータを起こしていきます。

不安の無い、安心したジュエリーリメイク、ジュエリーリフォームはお任せください。