メレダイヤをセッティングする箇所も後加工しやすいようにデータを作っておきます。

イニシャルと秘密の暗号を取り混ぜた「K」ペンダント。

データを整え形状確認で3Dプリントしていきます。

メレダイヤをセッティングする箇所も後加工しやすいようにデータを作っておきます。

これをするのとしないのとでは仕上がりの良さ、留め職人の仕事のしやすさなどなど雲泥の差が生まれてきます。

サイズ感など打ち合わせに使っていきましょう!!

パソコン内のデータが3Dプリントされて現物化になるとワクワクlしますね!