ただデザイン画を描いて職人さんへ渡すデザイナーでいいの??

大粒パールのリングデザイン。

いろんな案を3Dにてデザインしてくと最初に考えていたのとは違うものへと導かれます。

パソコン上で「絵」を描いているのではなく それを立体となるジュエリーに仕上げることが目的なので

そこには、厚み、強度、造形への知識が必要となってきます。

先日、広告業界の仲間と話してて…

今時デザインをクライアントに提示するのに手描きじゃね…

2Dの世界では当然のごとくソフトを使いパソコンでのご提案は当たり前。

まして、次世代のお仕事となるとジュエリーリメイク&リフォームも完全に3Dでのご提案がスタンダードとなってきますね。

それは、お客様にとっても不安の無い、安心してジュエリーリメイク&リフォームにしてもらう為に。

ただ単にデザイン画を描いて職人さんへ渡すだけのデザイナーと、クラフトノウハウをもとにデザインを描けるデザイナーとの差はどんどんついてきます。

そんなジュエリーメイキングをご提示しています。

 



学びは足りていますか??

●デジタルジュエリー®スクール●←click