「田舎の学問より、京の昼寝」

先日、都内開催のセミナーを受講して下さった方…

デジタルの重要性は共通事項として認識しておられます。

やはり情報量といいますか、都内では3D-CADを普通にされている方の絶対数が違います。

今や、チラシやパンフレット、またフライヤーなどを手書きでデザインする人なんていないですしね。

すべてはパソコンで製作し「illastrator」や「photoshop」を表現の道具として使っています。

2Dのお仕事もちろんの事、ましてやジュエリーのような立体物はこれから3Dで表現できないと淘汰される時が来るでしょう。

 

やはり、今いるところから飛び出てみないと感じる事ができない事も有ります。

「田舎の学問より、京の昼寝」