セミナー資料つくり…

デジタルジュエリー®のジュエリーメイキングは

ジュエリーCADでデザインしたモデルを最適な方法で3Dプリントしていきます。

3Dプリンタのソフト(PreForm)に3Dデータを読み込むとリングは垂直(デフォルト)に配置されており それに3Dプリントの最中にモデルが崩れないようサポートを立てていきます。

ここで重要なのは「プリント適性」。赤の警告が出れば失敗しますよ。と教えてくれます。。

 

モデル形状を見ながら、斜めに配置することを検討していきます。

すると、「プリント適性」は緑のチェックに代わり

大丈夫ということが分かります。

データが完璧でも3Dプリントできなければ元もこうもありませんね。

 

こんな資料をわかりやすくまとめて作っています。