最も難しいのはそこの部分なのです。

3D-CADのソフトがものすごい勢いで開発されています。

これまでに使ったことない人が興味をもって始めたり、パソコン好きが高じて3Dにハマったり、また

モノづくりにデジタルを取り入れ3DCADを勉強したりと…

この背景には3Dプリンタの価格が下がり、使いやすくなったことが挙げられます。

※これまでは、工業レベルの設備、1000万円ほどの導入コスト、メンテナンスに膨大な資金が必要となっていました。

 

そして簡単に3DCADでジュエリーデザインも出来るようになり、より多くの人が3Dプリンタで作るようになってくるでしょう。

しかし、パソコン上では美しいジュエリーを描いても現物のモノとして作り上げられなくては意味がありません。

ジュエリーとしての厚み、強度、サポートさらには石留にかかる爪の位置、太さになどのクラフトノウハウを理解しなくてはいけません。

最も難しいのはそこの部分なのです。

あなたのジュエリーデザインは現物のモノとして3Dプリント出来そうですか?

デジタルジュエリー®デザイナースクールでは、そんなことを中心に進んでいきます。

●デジタルジュエリー®スクール●