3Dプリンタを使ってジュエリービジネスをするという事

=======================================================================

今主流の3D‐CADソフトの比較(2018.10現在)



JCAD3

←クリック

  • GLBバージョン   216,000円 (通称プロバージョン)
  • BASICバージョン  37,800円

3design

←クリック

  • Proパッケージ  997,500円
  • デザインパッケージ 500,000円※1

ライノゴールド

←クリック

  • プロセット  548,000円
  • ベーシックセット  348,000円

Fusion360

←クリック

  • Fusion 360(¥7,560‐/月額)※2

※1ので単体では機能しません。

※2学生や教育関係者であれば3年間無償

●8/27の記事より←クリック●

 

どのソフトもヘビーユーザーが存在するのと同じで、使いこなしビジネスに役に立てている方は多くいらっしゃます。

しかし何よりも重要なのが挫折せず自己学習も含め、困ったときに解決できる体制が整っているのか。

またデザインした後、3Dプリントするノウハウを心得ているかです。

いくら素晴らしいデザインしても立体(3D)出来なければパソコンの中で埋もれてしまいます。

同時に、立体に出来るノウハウも学習していかなくてはいみがありません。

そうならない為には、やはり実際に使い活用している人から学ぶのが一番です。

3Dプリンタを購入すればなんでもできると思ってしまいますが、3Dプリンタはデータがあってのモノづくり!

やはり重要なのは3D-CADを自由自在に使い受注を得る事です。

 

デジタルジュエリー®スクールには

JCAD3を使ったプロ向けのデジタルジュエリー®プロ講座を用意しています。

このプロ講座は、ジュエリーショップ向けのプログラムとなっており従業員なら2、3人は受講可能です。

プロ講座1,296,000円、ソフトは追加で人数分購入必要;BASIC37,800円でも可。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シミュレーション…

ショップ内で3人に担当させたい。

●1,296,000円+追加GLBバージョン216,000円×2台=1,728,000円です。※講座含む

●3design Proパッケージ 3台分購入2,992,500円より100万円も低コスト※講座無し

●ライノゴールドならプロセット3台購入のソフト代のみとほぼ同額。※講座無し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★デジタルジュエリー®スクール プロ講座の授業内容は…★

第一回 連続する3日間 (ジュエリーCAD基礎)
第二回 連続する3日間 (石枠 レンダリング)
第三回 連続する3日間 (復習・応用)
(ここまでの過程を 2か月の間で行うのが好ましい)
その後 様子を見ながら
第四回 連続する3日間 (3Dプリンター実践編)
第五回 連続す3日間 (3D-CAD 応用・実践)
第六回 連続する2日間or 3日間 東京にて3Dプリンターで作るジュエリーメイキングの現場 視察
(ここまでの過程を2か月の間で行うのが好ましい)

第七回 連続する3日間 実際に店頭にて2日間のデビューイベント開催 そのサポートを行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講座内容をご覧いただいてお分かりのように、

店頭においてジュエリーCADでデザインし3Dプリンターを活用しオーダーリフォームがとれるようになる為の講座です。

 

ジュエリーCADの基礎をしっかりとこなし、理解を深めるために十分時間をかけて学習していきますが、

出来る限り早い取得を目指し実践していきます。

ジュエリーCADの基礎を習得すれば次は3Dプリントの実践。3Dプリントの向き不向きや特徴を経験し応用に備えます。

お客様と共にその場でデザインし、スムーズに受注を得られるポイントは「体積計算機能」を使い素早く見積りを出せることです。

これは商談のポイントといえます。

また、オーダー結婚指輪は二人の思いを形にして行く過程も演出してくれることでしょう。

 

ほんの少し前までは大型の装置で価格も1,000万円近くもしていた3Dプリンタは、小型でお洒落な見た目になってきました。

3Dプリンタを導入することで製作も自社で出来店頭での演出になります。

(3Dプリンターは登場から20年以上が経ち基本特許が切れ価格もやすくなりしかもデスクトップサイズ程の小型化されています。)

 

因みに、私がメインで使っている機種はForm1+で指輪1本を試作として100ミクロン(100/1000ミリ)で1時間かからないです。

また、3Dプリントにかかるコストは指輪1個あたり100円もしません。(電気代・レジン代)

 

このプロ講座は 受講される会社の特性に合わせた仕組みづくりのコンサルタント機能もついていますので、貴社のジュエリービジネスを一気にデジタルシフトすることが可能となります。

●nStylerというリアルタイムレンダラーを使った授業はまさに仕上がったらこうなる…完成予想図が仕上がります。

●作成したジュエリーデータはバーチャル試着アプリ(別料金初期費用32,400円 利用料年間129,600円)での試着も可能。(貴社のオリジナルアプリとしてリリースが出来ます。)

●アプリによるバーチャル試着

●デザイン確認をスマホやパソコンに送り360度グルグル回せるバーチャルジュエリー製作(講座にあり)が可能。

デジタルをフルに活用し3D-CADと3Dプリンターを製作の道具だけでなく

オーダーリフォーム受注のツールに変えていくのがデジタルジュエリー®プロ講座です。