これから長い間の使用で 安心で不安の無いようにしなくて不十分。

プラチナでのオパールペンダント枠も仕上がりあとは石留工程。

色石に多いのですが、このオーバルといわれる形。

実に様々なサイズ(縦横の対比)で存在します。

一目見てお分かりのように縦に長めですよね。

これは、原石の状態によるもので、

無駄なく最大限に良いところを削り出した結果なのです。

 

あと、上面のこんもり具合は良いのですが、枠の座下側(隠れる部分)の角度もちゃんと固定できるように角度をつけていきます。

↑少し、斜めになっているのが分かりますよね。

お客様にとって、これから長い間の使用で

安心で不安の無いようにしなくては作り手にとっては不十分です。

そんなこんなで、ずっーとルースのままになっていたオパールがようやく製品になりました。