3Dの技術を持っていれば、こんな方々も現れてきます。

ジュエリーメイキング

普通、ジュエリーをデザインし作り上げるには、

デザイン画からクラフトノウハウをもとに仕上げていきます。

原型を作り、ワックスを削り、必要であれば石留や、ロウ付けという加工技術も必要でしょう。

 

しかし、3Dでデザインし、3Dプリンタで製作すると

3Dでデザインできる人がジュエリーデザイナーとなれるんです。

それを、自分のWEBサイト、SNS,、ブログなどで告知販売。

これからは、そのスキルを持ち合わせた新しい感覚に人たちが増えるでしょう!

 

建築デザイナーがジュエリーをデザインする。。。

3Dの技術を持ち合わせなくてもあなたは大丈夫ですか?