独立したショップでも使いこなし、ユニークなビジネスを展開していました。‘MAYRO Watch&Repair‘

昨年まで時計職人として高松にいらした 福井 雄士さん。

宮崎に拠点を移すと同時に独立することとなった彼は、

高松での最後の3日間 デジタルジュエリー®スクールの集中講座でジュエリーCADを習得。

あれから既に、一年が経とうとしています…

 

そんな彼とは、「LINE」でのやり取りが主で ショップでの近況を聞いてみると なんと…

独立したショップでもジュエリーCADを使いこなし、ユニークなビジネスを展開していました。

↓↓↓クリック↓↓↓

‘MAYRO Watch&Repair‘

店舗には、腕時計専用の器具たちも 所狭しと並んでいます。

 

そんな中、これこれっ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

←クリック

●裏蓋事例←クリック

 

3Dプリンタ導入です。

なんと彼は、時計内部のマウントを3DCADで設計し、試作で5つ程3Dプリント!!

それを、職人技で使用しているんです。

素晴らしいッ!!

3Dプリンタのあるジュエリーショップもいいですが、

3Dプリンタのある時計店なんかも とってもいいです。

デジタルジュエリー®スクールは頑張る方には 常に応援体制です。