そして この機能!↓

=======================================================================

側面に意識をおいた リングを製作中。

普段は上面ばかりが気になり デザインも集中してしまいますが

高さ・幅のあるリングの場合 あえてデザイン領域と捉えてみると

相手が気になるリングが出来上がることに。

2014-04-06 16.41.24

ハート系の 唐草をそれをつなぐ役目のメレダイヤ&サファイア。

 2014-04-06 16.41.48 2014-04-06 18.20.31

瞬時にシミュレーションできるのがこのCADシステムの良いところ。

2014-04-06 18.18.42

修正を繰り返しながら…

そして この機能!↓

●プラチナ●18金●14金 など 8種類の金属で製作したときの

ほぼ正確なグラム数がわかるというもの。

2014-04-06 18.16.38

なので

着けた感覚など 重量感もイメージでき 重すぎず・軽過ぎず

などお客様に最適な着け心地を

考えながらのプログラムです。

2014-04-06 18.16.48

たとえば 現在このデザインを

●プラチナ900で製作すると 15.874g

●18Kで製作すると 12.341g

だとわかり 見積もりもほぼ正確に出すことができるんです。

 まだまだ手直し中!