まだまだ、表面はデコボコ、ざらざらですっ。

リング枠の最終データを修正し、K18金製のキャストまで完成です。

修正した個所はそれぞれの石座。

特に色石は、マシーンカットじゃないものが多いので正確なデータが取れません。

なので、データである程度「座」合わせをしておきます。

 

そして、こちら↓

生の金…

磨けばピカピカになります。

リング下の飛び出しているところは「湯口」といって

溶けた金が流れてきた部分。

そして、電解、バレルまでがこれ↓

まだまだ、表面はデコボコ、ざらざらですっ。