爪留めでも良いとの事でしたが もう一つ案を出し LINEに動画を送信

さてさて、お聞きしていたイメージをジュエリーCADでデザインしていきます。

ステップ1として使用する宝石たちのデータ取りです。

縦、横、高さ、重さなどを100分の1単位で計測しそれをジュエリーCADへデータ入力。

 

 

ここで間違った情報を入れてしまうと最後には

使えないリング枠となるのでダブルのチェックが必要です。

お客様からお聞きしたご要望を忠実にデザインしたものが左側の爪でサンゴを固定している方。

その上で、アレンジバージョンもご提案できるときには差し上げています。

他の方は爪なしでセンターのサンゴを固定しているものです。

サンゴ台座も特徴を持たせています。

爪留めでも良いとの事でしたが
もう一つ案を出し
LINEに動画を送信。