なので、私はジュエリーCADを使います。

美しい色合いの宝石はデザインによりもっと雰囲気を変えられそうです。(ペアシェープのペリドット)

3Dでモデリングしたバラの素材を配置しながら360度グルグルと全体を確認。

いっそのこと 石留めの爪は葉っぱを利用してみます。

ジュエリーCADでデザインするのは原型を製作することと同じなのです。

デザイン帳に書き留める”見せるだけの絵”じゃ先には進めません。