いろんな試作をもとに強度を失わず美しさを追求しなくてはなりませんね。    

メレダイヤモンドの「スリ留」。

メインの宝石の周りに配置するダイヤモンド。

一口に取り巻き。っていいますが祖の留め方は様々あります。

その中で、私が個人的にいいと思うものはこちら「スリ留」です。

ダイヤモンドだけの周囲に見えませんか。

唯一見えるのが留めてある爪。

 

ジュエリーデータではこのようになぅています。

一つ一つの台座を作りくっ付けているのじゃなく

土台となる地金・プラチナをダイヤのシェープに彫り込んでいるもの。

見た目スッキリ、土台と一つになっているのでしっかりとしています。

 

3Dプリントの状態だとこうなります。

これデータで作るの少々大変ですが美しさを重要視するジュエリーには欠かせません。

いろんな試作をもとに強度を失わず美しさを追求しなくてはなりませんね。