失敗は強みの蓄積となり出力ノウハウとなっていきます。   

3Dプリンタの出力、試作です。

ジュエリーCADでモデリングし、保存形式は「.stl」。

これ以上編集することが出来ず、表面を固めたデータという事です。

エラーを取り除くことも必須です。

実験のため、いろんな角度で出力します。

積層が少ない分 仕上がり時間は短く済みます。

しかし、液体内部で生成されるため、比較的広い平行の面はエラーが出やすいです。

そんな時は…

この方向にて配置、出力です。

そうなんです。斜めへ配置。

そうする事により不具合や、脱落を防ぐことができます。

これも3Dプリンタの出力技術、モデルへの最適な3Dプリントとなってきます

失敗は強みの蓄積となり出力ノウハウとなっていきます。