ここまでくると、 ジュエリー製作のオペレーションをほぼ掌握できる。 

データが出来ればすぐさま3Dプリント。

Formにてサポートの取りつけ。。

造形物に影響が出ないよう、3Dプリントした後の切り外しがポイントです。

念のため2セット出力。50ミクロンで2時間9分。

無水エタノールでアクリル樹脂を洗い流し、その後洗浄。

完全に固まっていない状態でサポートを切り外していきます。

そして、2次硬化。

組み立てて可動域を確認。

ここまでくると、

ジュエリー製作のオペレーションをほぼ掌握できる。