などなど、頭ん中も3Dでグルグルと回っています。

片方2ctのピアス製作の案件。。

あれから「LINE@」でのやり取りで最終デザインが決まりました。

ジュエリーCADでのデータはこちら。

今回は、ダイヤモンドを取り外した カラ枠での表示です。

実際に3Dプリントするときにはこの形状にて出力していきます。

大きな画面から グルグルと各部分をチェック。デザイン上エラーがないか、強度は保たれるのか、石留は大丈夫か…

などなど、頭ん中も3Dでグルグルと回っています。

こんな感じでね!