3Dでのデザイン/3Dプリンタでの試作はかかせません。-ジュエリー製作-

最初は、ほんの少し、聞いてみたいだけッ!

相談したいだけッ…

と思われる方多いと思います。

 

そんな方向けに、LINE@(QRコード)であなたのスマホのLINEに、友達追加していただけます。

これは、エファーナと動画や画像のやりとりができるアプリ(無料)です。

ほんのちょっと… のご相談に使えますよ。



最初はほんのちょっとのご相談LINE@から…ご来店です。

 

ルースをお持ちでピアスのデザインのアレコレ。

大きいですね。2カラット!

広がるイメージをもっと膨らませ、楽しいひと時にしていきます。

お客様とのコミュニケ―ションの中から、デザインを生み出したり、ご提案。

以前、ピアス落とされたことがあるので

●落ちない金具

●しっかりとした留め金

●シンプル仕様でもお洒落感ほしい。

●デザインにメレダイヤを使いたい…

 

お客様の言葉に耳を傾け視線は画面ー

カチャカチャ ジュエリーCADにてデザイン。

最終データを整えるには少々時間がかかるので デザインの要所を抑えながら360°グルグルとご覧いただきます。

ピアスは、正面ばかりじゃなく側面も意外に見えるもの。

そこはデザインのポイント。

光抜けはこの感じ(ダイヤを持ち上げるとこのようになっています。)

早速、3DプリンタFormで試作していきます。

↓↓↓微妙にサイズを違えて。。。

この試作で2時間14分。(0.05㎜の精度)

 

サポート取り、真空にて二次硬化させ完成。

ダイヤ合わせ…

製造業、モノづくりにかかわるなら3Dでのデザイン、試作はかかせません。

まして金額の張るジュエリーリフォームなら尚の事。

お客様に、分かりやすく出来上がりの不安が取り除けますから。