大手の映画会社でしか出来なかった事をジュエリーリフォームに応用しています。

ご依頼いただいたジュエリーリフォームのデザインが決まれば、次は、レンダリングに入ります。

レンダリングとはコンピュータのプログラムを用いて対象物の光源、色や質感、影の出方などを表現する事。

 

デザイン画に色付けですが、これは実物に見えるようにする作業です。

アニメや映画でもよく使われているデジタル技術ですが今はもう、造りものなのか本物なのか見わけもつきませんね。

これまで大手の映画会社などでしかできなかったことが、エファーナではジュエリーリフォームに応用しています。

貴金属の質感、石の光り方見え方、出来上がりは、お客様にとってもわくわくする事ですよね。

ジュエリーCADでデザインされ3Dプリンタで製作されたルビーの指輪。

実物がこれです。↓