これからは、ノウハウの蓄積、そしてそれを使ったビジネスが主流になってきますよ。

複数の名刺で活動させていただいるここ数年、面白いお話が舞い込んできています。

数日前からのご連絡で 松山から わざわざお越しいただきました。

 

こちらのキムラ様は、広島を起点に、岡山、愛媛、今年から香川でも開催されるアマチュアの音楽フェス「ウエスト ミュージック ジャンボリー」の事務局の方。

ウエストミュージックジャンボリー 

 

その、マスコットキャラクターの3Dモデル化と、造形について、あれこれ、綿密に打合せです。

 

多くのクリエータたちはパソコン上でとてもリアルにデザインします。

しかし、3DCADは、3Dプリンタを使って 現物に仕上げるのが最終目的。

画面上の見せるデータだけでは終わらないのです。

 

自分のデータを3Dプリンタで出したことのないのでは使い物になりません。

そのデータ ほんとにモノになりますか??

これまで。私は、自社の3Dプリンタから外注の3Dプリンタまでさまざまな素材でさまざまのモデルを3Dプリントして来ました。

だからこそわかる 3Dデータの作り方。。

だからこそ依頼が来る3Dデータ作成のお仕事。

 

これからは、ノウハウの蓄積、そしてそれを使ったビジネスが主流になってきますよ。