先輩の結婚30周年記念は、このルビーのリングと共にお祝いですね。

=======================================================================

3Dデータを3Dプリンタで出力。

それは、アクリル樹脂原型。そもままでは微細な積層が残ってしまうので

とても細かいヤスリなどを使い 表面を整えていきます。

また、メインの宝石の座(シャトン)をここで合わせておけば、プラチナ鋳造した時に、手間と無駄が省けます。

3Dデータを作る際 重要になってくるのは、イメージ力!

それは、如何に職人への工程を軽減するかにかかってきます。

 

数日ののち、すべてチェックし終わった製品が完成です。

様々な角度から確認。

ルーペを使って…

光を当てて…

磨きも重要なポイントです。

先輩の結婚30周年記念は、このルビーのリングと共にお祝いですね。