このアクリル原型をゴム型に取り ロストワックスで再現。

 

デザイン案 これで行きましょっ!!←10・4記事

決して お安くないので そこのところは 重要。←10・12記事

3Dデータ→3D-プリンタ(光造形樹脂)→WAX取り→ホワイトゴールド鋳造の工程でここまで進んでいます。

 

ご紹介した通り、使用するのはこのピンクトパーズ&ダイヤモンド。

2016-09-16-14-40-14

エファーナオリジナルデザイン”W-フェイス”

メインとなる二つの宝石が主役。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-42-38

細部の留めや、配置を決定し、データを整えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-40-13

そのデータを基にシミュレーション↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-40-50

上記3Dデータをメイコー社製の光造形機(3D-プリンタ)で製作。強い光で硬化する液体アクリルで立体に作られます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-04-18-37-31 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-04-18-37-28 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-04-18-37-25

このアクリル原型をゴム型に取り ロストワックスで再現。

2016-10-13-10-03-082016-10-13-10-03-132016-10-13-10-03-11

このブルーの原型を石膏に埋没、脱泡、固まったのち

今度は、この石膏を焼き、内部にこのリング形状の空洞を作ります。

そして、熱を加えた液体状のホワイトゴールドを一瞬で流し入れ、これが作られます。

↓↓

2016-10-13-10-03-17

表面が少しザラついた生のホワイトゴールドって感じ。

2016-10-13-10-03-15

↓↓

余分なバリや磨きを入れて 完璧な空枠に仕上がっていきますよ。

…つづく。